シリンダータイプSRAとディスクタイプSRAの違いは・・・


 

基本形はシリンダータイプで発明者が作成した形はシリンダータイプでした。

私は最初にSRAを知った時に形を誤解して動作原理図から板状のSRAを想定してディスクタイプを作成してしまいました。

後にシリンダータイプだと気が付いてシリンダーを使うようになりましたが、ディスクでも立派な動作をしてくれることは確かなことです。

ディスクとはシリンダーを押し広げながら圧縮した形と考えられます。
シリンダーの内面がディスクの上面、シリンダーの外面がディスクの下面に相当すると考えています。

 

 

 

 

HOMEページで表示したイメージ動画はシリンダータイプに合わせて上側だけの放射イメージでしたが実際には図のように両面から放射されています。
シリンダーモデルの表面は下側に当たりますので上よりも多くの放射を図式していますが実際にはおそらく上下差は同等なのではないかと測定結果などから推測しています。

 

次のページへ

HOME

2ページへ  3ページへ  4ページへ    

 

 

5ページへ  6ページへ 7ページへ 8ページへ 9ページへ

   

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system