Super rad antenna スーパーラドアンテナは従来の定在波アンテナとは違ってシリンダーやディスクを放射体とし共振コイルからの二次誘導電流を動作源とするアンテナです。
SRAを従来の感覚で理解しようと形から判断した方々は同軸ケーブルに乗る同相電流による定在波放射のアンテナだろう、いわばMVアンテナモドキだろうと主張しました。しかし給電ケーブルなしの直接アンテナ直下給電でも何等変わらぬ特性を示すことから実際に実験した方々の理解は変わりSRA本体がアンテナであり定在波アンテナとは違った動作をしていることを理解しています。
   とある英国のアマチュア無線局長はこれはMVアンテナの変形に違いない、新しいアンテナではないと主張しました。しかし作ってもいない、使ってもいない絵柄のみからそう主張していました。散々否定していましたがついに自身で実験をはじめ自分の意見が正しいことを証明しようとしました。しかし結果は考えていたのとは違ってしまったのです。そしてこの方はSRA肯定者と変化してしまったのです。実験し正しく評価が出来ればSRAが従来アンテナとは違って定在波が電磁波放射源ではないことに気が付くのです。                                                        我が日本においては某有名通信機メーカーがSRAのコンパクトさに目を付け1年以上の研究と評価を続けました。その結果様々なデーターを蓄積したようです、そして自分達の扱う通信機(放送用)に付属させるアンテナとして使えることを評価し採用しました。この詳細な内容については開発者と某企業との守秘契約があるので知らされていませんが、大枠は風の便りで届いてきました。あの企業が認めてくれた内容は自作者にとっても心強いものになっています。お墨付きをもらったようなものですから。                                                          

次のページへ   HOME 2ページへ 3ページへ 4ページへ 5ページへ 6ページへ 7ページへ 8ページへ  9ページへ

新たな試みの第三のスーパーラドアンテナについて。

 

 

inserted by FC2 system